ウェブの世界に起こるであろう2つの大きな変化

新年あけましておめでとうございます。

本年度もアドシップをどうぞよろしくお願いいたします。

さて、一年の計は元旦にありと申します。今から一年間の予定や目標をたてておくことは、仕事においても個人的な生活においても意義があることだと思います。しかし、移り変わりの激しいウェブの世界においては、なかなか一年先までを見通すことは難しい部分があります。もちろん一切の予測が不可能という訳でもなく、様々な情報をかき集めて注意深く読み込めば、断片的に見えてくるものもあります。

そのようなわけで、今回は2015年度のウェブの世界に起こるであろう大きな変化にまつわる二つのキーワードを紹介してみます。

Spartan(スパルタン)

インターネットエクスプローラーは日本で最も普及しているブラウザですが、そのバグの多さは如何ともし難く、多くのサイト制作者の悩みの種となってきました。最新バージョンはだいぶ改善されてきた感じですが、しかし未だに世間ではIE8などの古いバージョンが根強く使用されており、サイト制作にレガシーIE対策作業は必須となっています。これだけIE8がしぶとく生き残り続けているのは、やはりXPで使用できる最新バージョンであるからでしょう。

各種ブラウザの詳細記事http://www.adcip.com/browser0310/

それでもIEだけがシェアの過半を独占していた時代は終わりつつあり、徐々にChromeなどの他のブラウザも使用率が向上してきました。これは、非IEブラウザを標準装備するスマートフォンやスマートパッドなどのプラットフォームの普及によるものであると考えられます。 第三次ブラウザ戦争と呼ばれるこの一連の動きは、世界的にみればIEがChromeにとってかわられたことで(日本国内では相変わらずIE一強ですが)大勢が決したかのように見えましたが、マイクロソフトも敗者に甘んじているつもりではなかったようです。

2014年末ごろ、マイクロソフトはWindows10にIE12ではなく新ブラウザ「Spartan」を搭載するという情報がニュースサイトなどで出回りました。Spartanの仕様は様々な憶測が流れているようですが、実際のところはまだわかりません。ただChromeやFirefoxのような軽量型のブラウザになるということは確かなようです。またWindows10は様々な端末で動くことを想定した作りになっているようなので、Spartanもその運用に適した形になっていると思われます。

メジャーなブラウザが一つ増えることによってサイト制作にいかなる影響を及ぼすかは未知数ですが、ウェブが今より快適なものになることを願っています。

Material Design

2014年6月26日(米国時間)、Google I/OカンファレンスにてGoogleが「Material Design」という新しいデザインのガイドラインを発表しました。

Material Designとはいかなるものであるかをわかりやすく説明するのはなかなか難しいですが、色々とはしょって、なおかつ誤解を恐れず短くいうのであれば「DTPのスタイルとアニメーション表現の融合」ということです。

Material Design の最終地点
「古典的な良いデザインの原則」と「技術や科学の可能性と革新」を融合した Visual Language (視覚的な言語) の作成
多様なプラットフォーム・デバイスサイズ間で統一感のある体験ができる、単一の基盤となるシステムの開発

いわゆるフラットデザインの延長線上にあり、見た目はシンプルですが仕組みは非常に複雑です。制作するにあたり、印刷物の装飾に通じる高度なデザイン力や、HTML5やCSS3、そしてJavaScriptに精通した技術力を要求されます。サイト制作はより専門的で難解なものになっていく傾向があるように見えますが、一方で簡単にサイトを制作できるWebサイトジェネレーターは年々高性能化してきており、ある程度のデザイン的制限と引き換えに誰でも簡単にサイト制作を行える環境もできあがっています。

上意下達的にデザインのガイドラインをユーザーに提供するという行いはAppleが行ってきましたが、Googleもそのような方向に向かっていくということなのでしょうか。

2015年のウェブの動きについて色々と調査してみましたが、現状では2014年に確立しつつあるトレンドを継続していく形になりそうです。

もちろんウェブの世界の一年は長いので、予想だにしない変化があることも十分に考えられます。

サイト制作に携わっていない多くの方にとってもウェブというものは生活に欠かせないものであると思うので、より快適なインターネット利用のためにもウェブにまつわる最新情報にアンテナを立てておくことは損ではないでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 人付き合いの中で、こういう言葉を相手に言った時に相手はどう思うのか? 相手にどう言ったのかよりも、…
  2. 企業のリスクマネージメントと聞くと少し難しく聞こえるかもしれませんが、目的は書いて字のごとくで至って…
  3. 家具にこだわることはライフスタイルにこだわること。 愛着のある良い家具は、2世代3世代と引き継…

記事カテゴリー

ページ上部へ戻る