心揺さぶる、被災地を舞台にした人と動物たちの命のものがたり。 無料上映会のご案内。

東日本大震災から3年半。
被災された方におかれましては、謹んでお見舞い申し上げます。

忘れたくない命、生かしたい命。
こらからを共に生きていく、人と動物のものがたり。
犬と猫と人間と2~動物たちの大震災~

あのとき東日本を襲った大震災は、そこに住む人々だけでなく日本・全世界に大きな衝撃を与えました。
最大震度7 マグニチュード9の大地震。そして地震に伴い発生した大津波、そして原発事故。
震災から3年半が経とうとしている今も、避難生活を強いられている方がおよそ26万7000人いるという現実。
あの時に感じた無力感や絶望感、言葉に出来ない喪失感は、私たちの生活や意識、人との関わりかたを改めて見つめなおし、変化をもたらしたのではないでしょうか。

さて、今回ご紹介するのは、被災地を舞台にした人と動物たちの命のものがたり。
犬と猫と人間と2
~動物たちの大震災~ドキュメンタリー映画 無料上映会のご案内です。

T0017403q

あの震災当時、懸命に生きる動物たちと彼らを救おうと奮闘する人々との出会いを描いたドキュメンタリーは、人と動物たちの心模様を捉え、そこに生きる者すべての命の尊さを訴えています。

まだまだ復興までの道のりは遠いのかもしれません。
それでも、私たちは懸命に生きるいのちの輝きと未来への希望を忘れてはならないと思います。

それは、人だけでなく動物たちもまた同じこと。

あの震災当時、震災発生時に、ペットだけ留守番をしている状況で震災にあわれた方が約22%。

また、ペットと自分だけで被災に合われた方は、47.9%と、ほぼ半数。(ペット総研調べ)

実際にペットを飼われている方で、避難生活を余儀なくされた方のほとんどはあの震災以降、離れ離れに暮らすことになりました。
ペットも家族の一員。
あの過酷な状況下で何を想い、生きてきたのか。
命の尊さを知り、いまと未来を紡ぐ人と動物の物語をぜひご覧ください。

large

こちらのドキュメンタリー映画の無料上映会が、

2014年9月7日に清水マリンビル6階 中会議室(静岡市清水区日の出町9-25)で開演されます。

GoogleMAPを開く

【無料上映会】

  • 日時:2014年9月7日
  • 場所:清水マリンビル6階 中会議室(静岡市清水区日の出町9-25)

<上映会申込み>お問い合わせ先
Heaty nose 久能店
TEL:054-266-4741

「Hearty nose(ハーティ ノーズ)」http://www.heartynose.jp/
わんちゃんとのライフスタイルを楽しむ総合ブランドペット共生住宅、愛犬家住宅、愛犬と暮らす快適な家をご提案します。ペット輸入雑貨、ペット用品なども幅広く取り揃えております。

Hearty nose[ハーティ ノーズ]

犬と猫と人間と2
~動物たちの大震災~

忘れたくない命、生かしたい命。
こらからを共に生きていく、人と動物のものがたり。
被災した人たちだけでなく、避難生活を余儀なくされて取り残され買えなくなったペットたち。
ペットと人との関係性、絆、命と向き合うドキュメンタリー映画。
震災の中で投げ出されてしまった動物たちの姿、そして人の心。
東日本大震災では、多くの人々、犬や猫などの動物たちが被災しました。
しかし被災した動物の数は自治体でも把握しきれていません。
今なお保護活動が行われていますが、私たちにはその現状を知ることさえ難しいのです。
「まだ新しい犬は飼えないけど、いつかまた・・・。津波で愛犬を薄なった夫婦が喪失を受け止めてゆく長い道のりに出会いました。
津波を生き延びた男性と野良猫が再開し、次第に家族となっていく姿など、いくつもの別れと出会いを見つめます。

公式ページ
http://inunekoningen2.com/
フェイスブックページ
https://www.facebook.com/inunekoningen2

banner_inuneko2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 会社も生き物なんです。 企業が成長戦略を考えるときに、組織全体が成長するためにどのような領域に注力…
  2. 人付き合いの中で、こういう言葉を相手に言った時に相手はどう思うのか? 相手にどう言ったのかよりも、…
  3. 企業のリスクマネージメントと聞くと少し難しく聞こえるかもしれませんが、目的は書いて字のごとくで至って…

記事カテゴリー

ページ上部へ戻る