いたずらにする?お菓子にする?

10月に入ると街の至る所でハロウィンの装いを目にする機会も増えました。

本家ハロウィンの歴史は古く、もともとは宗教的なイベントとしてのルーツを持っています。

というのも、キリスト教の聖人の祝日である11月1日は聖人と殉教者を祀る日。その前日である10/31を大晦日として、この大晦日の夜は先祖の霊以外に悪霊も地上に降りてくると信じられてきました。

悪霊退治よりも親しみやすさを。

そしてこの日に行われた悪霊を追い払う宗教的なイベントは、子どもたちからは恐れられていたため、アメリカの移住民たちが子どもたちも楽しめるイベントにアレンジしたことが、現在のハロウィンパーティーの起源といわれています。

アメリカでは、ジャック・オ・ランタンと呼ばれるカボチャおばけのランプに火を灯し、子どもたちは魔女やおばけに仮装した子どもたちが近所を練り歩きます。

そして、仮想した子どもたちは「Trick or Treat!(トリック・オア・トリート)」「(訳)お菓子をくれないといたずらするぞ!」と玄関をたたき、その家の人が「ハッピーハロウィン!」といって子どもたちにお菓子を配り、悪霊に扮した(子どもたち)を鎮めるというイベントです。

135887321

日本では仮装した人たちが練り歩くという光景は、ほとんど見ることはありませんが、ハロウィンを仮装イベントにして楽しむ催し物が増えてきました。この定着ぶりはからすると、日本でもハロウィンは馴染みのある民間行事としてますます親しまれていくことでしょう。

日本では、クリスマスと同様に宗教的な意味合いはほとんどなく、よりカジュアルに参加をして普段とは違ったコスチュームに身を包んで参加できる非日常的な楽しさがあるのかもしれません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このように恒例化した仮装パーティーは、気の知れた友人同士やお子様のいるご家族で仮装を楽しめるイベントとして賑を見せています。

動物たちも仮装?家族揃ってトリック・オア・トリート!

静岡県富士宮市 朝霧高原 自然と動物とふれあえる体験型の牧場「まかいの牧場」では、

10月1日~10月31日のハロウィン期間中、

仮装をしてご来場の方は入場無料となるイベントを開催しています。

上記期間中は、牧場の動物たちもハロウィンの仮装をしてお出迎えをしてくれます。
一緒に撮影をしたり、カボチャとサツマイモでハロウィンクッキーづくりなど、そしてジャック・オ・ランタンづくりなどのご家族で楽しめるワークショップもあり、まかいの牧場はハロウィン一色。

ハロウィン

朝霧高原 まかいの牧場 ミステリーウォークハロウィンバージョンのご案内

イベント概要

ハロウィン仮装すると入場無料特典があります。

仮装してきたら入場券売り場の魔女に声を掛けてみましょう。
※場内に滞在中は仮装は外さず、ハロウィンを盛り上げてください。
※仮装は最低 3 つのアイテム「衣装」「帽子」「ステッキやカバン等の小道具」を着用されている方が対象となります。
※仮装は魔女やオバケといったハロウィンにちなんだものを身に付けて仮装を楽しんで下さい。お願いします。
※有料入場のお客様が対象となります。
素敵な仮装をされたお客様はお写真を場内に飾らせていただきます♪

取材協力

朝霧高原 まかいの牧場
〒418-0104 静岡県富士宮市内野1327
TEL 0544-54-0342(9:00~18:00受付)
FAX 0544-29-1027(24時間受付)

詳細は、まかいの牧場 オフィシャルサイトへ。 http://www.makaino.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 会社も生き物なんです。 企業が成長戦略を考えるときに、組織全体が成長するためにどのような領域に注力…
  2. 人付き合いの中で、こういう言葉を相手に言った時に相手はどう思うのか? 相手にどう言ったのかよりも、…
  3. 企業のリスクマネージメントと聞くと少し難しく聞こえるかもしれませんが、目的は書いて字のごとくで至って…

記事カテゴリー

ページ上部へ戻る